【老人性イボの原因と治療方法まとめ】薬で治る?除去するには皮膚科?

老人性イボは早ければ20代を超えると出てきます。おすすめの解消法をご説明します。

老人性イボの原因と予防法とは

老人性イボは脂漏性角化症や、老人性疣贅とも言われるもので、老人性という言葉がつくように加齢によって、イボのようなものが出来る症状です。
80代にもなると大半の高齢者に、老人性イボはあると言われています。
大きな要因となると言われているのが、紫外線です。
長年、紫外線を浴び続けた事による光老化によって、シミのような色素沈着のあるイボが出来ます。
治療で取る事も可能ですが、予防法も存在しています。
まず、紫外線が最大の原因と言われているので、日頃から紫外線対策をしっかり行いましょう。
紫外線の強くなる夏場のみ日焼け止めを塗る方もいますが、冬でも関係なく紫外線が降り注いでいます。
1年中、日焼け止めなどで紫外線対策を行う事が、予防法として効果的です。
肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなります。
すると老人性イボも出来やすくなるので注意が必要です。
保湿を重視したスキンケアを行う、また肌のターンオーバーを促進させイボを作らせないような効果のある、基礎化粧品でケアする事が予防に効果的です。
このような肌のケアだけでなく、体の中から予防する事も大切です。
肌に悪影響を与える喫煙や、ストレス、睡眠不足はなるべく避けましょう。

コメントは受け付けていません。